ストーカー被害が増えている背景

実際のの証拠写真

            

児童虐待同様、年々増加しているのが、ストーカー被害や犯罪です。

それに対応して、法律も改正されました。かつては、事が起こるまで警察に強制力はありませんでしたが、注意や介入等を簡単に行えるようになりました。

つまり、警察は、ストーカー被害者にとって最も頼りになる存在です。かつては、ストーカー被害者が、警察に行って相談しても、対応を検討している最中にストーカー被害者が殺害されたり、襲われたりしていました。警察は、法律に則った対応しか出来ませんから、警察の対応が悪いのではなく、法律の不整備というか盲点だったのです。

最近は、すぐに警告を出せるようになり、警告をストーカー側が聞かない場合には、すぐに逮捕できるようになりました。ストーカー被害者は、襲われるという恐怖だけでなく、ストーカー自体に会いたくないのです。

そのため、この警告については、かなりの効力を発揮していると思いますが、それでも精神異常者や愛からの憎悪で怒り狂っているストーカーからストーカー被害者を完全に守りきれるものではありません。そのため、殺人事件等は多いです。

一方的に思い込む場合は防ぎようないですが、元彼氏とか元彼女とかだと、綺麗に恨まれずに別れるのが、ストーカー被害者にならない最善策に思います。現代は、コミニケーション能力の欠如や思い込みが激しい人間が、とても増えているのもストーカーの増加に繋がっているように思います。

関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です