学生食堂で過剰なサービスを求める男性教員に嫌がらせをされた

実際のの証拠写真

            

私が職場で嫌がらせに遭った時の事です。
私は地元の大学の学生食堂で働いていました。

嫌がらせをしてきたのは、その大学の職員の男性です。
とても食い意地が張っており、いつもオマケをしろと要求してくる男性でした。
最初のうちは、大盛り料金をタダにしろ、おかずを増や程度の要求でした。
しかし次第に定食の代金を毎回半額にしろ、売っている物をオマケでよこせと言うようになったのです。

今までのサービスですら、安くて量のある薄利多売での仕事です。
ちょっとでもサービスをすれば利益は出ません。
男性教員が定食を注文しても今まで利益になる事はありませんでした。
しかしそこまでサービスしてしまったら赤字です。
もうこれ以上はオマケ出来ないと断ると、嫌がらせが始まったのです。

サービスをやめた次の日、定食を出した時に髪の毛が入っていると大騒ぎをしました。
しかしどう見てもその髪の毛は男性教員の物で、食堂内で働いている人の髪には該当しません。
また、別の日には腐った臭いがすると大声で騒いだりしました。
その度に賞味期限が表示されているパッケージを見せたりして余計な手間も沢山かかりました。

幸いその男性教員は周囲から信用も無く、誰も男性教員の言う事を真に受けませんでした。
しかし流石に毎日の様に嫌がらせをされては迷惑です。
苦情を学校側に言いましたが、無視してくれと言われただけです。

あれだけ毎日サービスをして貰いながらサービスを断った途端に毎日嫌がらせする男性教員には本当に気が知れません。

関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です